ホーム  > インプラント  >  4.インプラント治療の流れ

4.インプラント治療の流れ

インプラントを用いた治療は、以下のような順序で進んでいきます。

1) 診査・診断

患者さんの主訴と現在のお口の中の状況を検査し、分析して、まず、インプラント治療が可能かどうかを診断します。
主にどの歯が失われているのか?骨の状態はどうか?などがポイントとなります。

2) 治療計画の立案とコンサルテーション

医師が診断した結果に基づいて、治療計画を作成し、それを患者さんに提示します。
具体的に何本くらいのインプラントを埋入するべきか、どんな処置が必要になるか?インプラントの上部に装着する人工の歯はどのような形態になるのか?治療期間はどのくらいになるのか?治療費用はどのくらいになるのかを説明して、患者さんの理解と了承を得ます。

3) インプラントのための前処置

もし、すべての歯が喪失していないのであれば、残された歯の治療を行います。
具体的には口腔衛生の向上、歯周病の処置、虫歯の処置、抜歯、矯正歯科治療などがこれに該当します。

4) インプラントの埋入手術

前処置が終了した時点で、インプラントの埋入手術を行います。
顎の骨の中にインプラント(フィクスチャー)を設置したのち、数カ月から半年ぐらい静かに待ちます。
この期間を通じて顎の骨とインプラントが強固に接合します。
一般的に手術当日のみの軽い手術ですむことが多いですが、骨に対する処置が複雑になる場合など、入院および全身痲酔が必要となる場合もあります。

5) 架工義歯(上部構造)の連結

最初に、フィクスチャーと人工歯を連結するアバットメントと呼ばれる継ぎ手のようなものを装着します。
メンテナンスの問題を考えてネジによる固定をすることが多いようです。
この際、2次の小手術が必要なものとそうでないものがあります。
仮の歯を装着した後、数カ月の間、様子を見ます。
待望の人工の歯を連結するのは、さらにこのあとになるわけです。

6) メンテナンス

装着されたインプラント義歯は、問題がおこれば、除去しなければならなくなります。
その悲劇をさけるためにも必ず、定期的な検査とメンテナンスと呼ばれる治療が欠かせません。
これは、大切な天然の歯にも言えることです。

お問い合わせについて

YURAKU DENTAL OFFICE

有楽歯科

045-651-4119

休診日:土・日・祝祭日 10:00-13:00/14:00-18:00

神奈川県横浜市中区尾上町3-35 有楽ビルB1

アクセスはこちら >

Face bookページはこちら

Copyright © 2014-2017 有楽歯科クリニック. All Rights Reserved.

PAGE TOP