ホーム  > 歯周病治療  >  10.歯を失う原因は?

10.歯を失う原因は?

みなさんが歯科治療を受診する動機は様々なものがあると思いますが、基本的には歯を失うことなく人生を豊かに暮らしたいと願うからだと言うことに異論は無かろうと思います。
それでは、なぜ歯を失ってしまうのでしょうか?

下のグラフをご覧になっていただければわかりますが、ほぼ原因の半分が歯周病により占められています。
『その他』というのは、事故や外傷などによるものです。
虫歯で歯を失うのは比較的若年者が多いのですが、歯周病で歯を失うのは中年期以降に急速に増加していきます。
さらに、その失い方も一度に数本という悲しむべきものです。
その様にして、やがて取り外し式の『入歯』の装着を余儀なくさせられるのです。


【歯を失う原因 (1990~1991 神奈川県歯科医師会調べ)】

あなた自身が歯周病に注意するために重要な特徴および病気の兆候を以下に述べます。

  • 自覚症状がほとんどないか、軽微で不明瞭なこと
  • ほとんどの場合10年単位でゆっくりと病気が進行する
  • ある特別な状況の下、急速に進行することがある
  • 一度に多数の抜歯を余儀なくされるということが多い

    歯周病が成人が歯を失う理由の約50%を占めていることがご理解いただけると思います。
    でも、だからといって全ての歯を一気に失うわけではありません。
    さて、現在の成人がおおよそどの位の数の歯を持っているのでしょうか?

    お問い合わせについて

    YURAKU DENTAL OFFICE

    有楽歯科

    045-651-4119

    休診日:土・日・祝祭日 10:00-13:00/14:00-18:00

    神奈川県横浜市中区尾上町3-35 有楽ビルB1

    アクセスはこちら >

    Face bookページはこちら

  • Copyright © 2014-2017 有楽歯科クリニック. All Rights Reserved.

    PAGE TOP